検索方法

「習うより慣れろ」パソコンは触って覚えていくものです。
基本操作を覚えた後はとにかく いろいろやってみることがパソコンスキルを上げるコツです。

ほとんどのソフトにはヘルプ機能がついていますが
説明されている内容や言葉の意味が分からずに あきらめてしまう人も多いのではないでしょうか?
そんな時はインターネット検索を利用してみましょう。
エクセルやワードと言った一般的に使われているソフトでは
同じような疑問や問題に困っている人が多いものです。
疑問や質問に答えてくれている人も、質問のレベルに合わせて 分かりやすく説明してくれています。

検索量の多さではgoogleが一番です、特定の情報を調べる時に向いています。
関連サイトを探す時はYahoo! Japanが向いています。
知りたい情報に効率よくたどり着けるように検索方法を工夫してみましょう。

google検索のちょっと便利な使い方
まずは基本のキーワード検索
複数のキーワードをスペースで区切って検索すると、 入力したキーワードを全て含むページを検索出来ます。

マイナス検索
情報量が多すぎたり、よけいな情報が入ってしまう場合は
除きたいキーワードの前にスペースと半角のマイナス(−)を入れます。

〜とは
何かを説明しているサイトでは「〜とは」「〜って」「〜ってなに」といったフレーズが良く使われています。
知りたいキーワードに「とは」や「って」とつけて検索すると、
キーワードについて 分かりやすく説明しているページや初心者向けの説明をしているページを検索できます。

完全一致検索(ダブルクォーテーション)
キーワードが複数の単語になっている場合では分割されて検索されてしまいます。
その分よけいな情報に邪魔されてほしい情報を上手く探せません
ダブルクォーテーション(”)でキーワードをくくって検索すると完全一致で検索できます。
特に英単語の場合スペースが入るためこの検索方法が便利です。
ダブルクォーテーションはシフトキーを押しながら、数字の「2」で入力できます。

パソコンスキル

  Copyright (C) 2013 パソコンスキルを徹底的に磨く . All Rights Reserved.