クリエイターのパソコンスキル

DTPやWEB業界では
『Photoshop』や『Illustrator』など グラフィック系ソフトの経験がほぼ必須です。
どちらも絵を描くことが出来ますが、
Photoshopはペイント系の画像処理ソフト、 Illustratorはドロー系の画像処理ソフなります。

ペイント系のソフトは
ラスター(ビットマップ)データ形式で 面や線も小さな点(ピクセル)の集まりで描かれます。
カラーは、ピクセルごとに色のデータを保存され細かな表現に適してます。
ドロー系のソフトは
ベクター(ベクトル)データ形式になります。
グラフィックの直線や曲線を方向や長さのデータとして扱います。
画質を落とす事なく図形を変形させたり、滑らかな曲線を描くことが出来ます。

昔はドラフターで作図されていた機械や電子回路、各種の建築物の設計には、 CADが使われています。
建築の完成イメージなどでは3DCADが使われる事も多く
自動車業界や金型などの設計では3DCADのスキルが必要とされます。

映画やアニメをはじめとする映像業界やゲーム業界、
インダストリアルデザインなどを手がける人の間でも
3DCG(三次元グラフィックス)ソフトが欠かせないものとなってきています。



ROMの画像

パソコンスキル

  Copyright (C) 2013 パソコンスキルを徹底的に磨く . All Rights Reserved.